DokuWiki のセットアップ

Wiki(ウィキ)とは、不特定多数のユーザーが共同でウェブブラウザから直接コンテンツを編集するウェブサイトです。Wiki上でコンテンツはマークアップ言語によって記述されるか、リッチテキストエディタによってWebページを編集するので、HTMLやCSSの知識が無くてもWebページが作成できます。1995年に公開されたWikiWikiWebからは多くの派生Wikiが作成され、今日では多くの人が閲覧しているウィキペディア(Wikipedia)でもWikiが利用されていま。工程管理やグループウェアのクラウドサービスの付属機能としてWikiが利用できToDoや仕様書、マニュアル作りなどに利用されている人も多いかと思います。

続きを読む

フリーの画像編集ソフトの定番 GIMP

商用の有名な画像編集ソフトといえばAdobe社のPhotoshopとIllustratorでしょう。個人であれば月額2480円を払えば、プロが使っているソフトを使うことができますが、たまにしか画像編集しないユーザには敷居が高いです。もしLinuxユーザがWindowsとLinuxで同じ画像編集ソフトを使いたいならマルチプラットフォーム対応のGIMP一択といえます。全ての画像はビットマップ画像とベクトル画像の2つに分けられます。ビットマップ画像とは無数の点の集まりで作られた画像のこと、拡大表示すると画像が無数の点できている事がわかりますが、ベクトル画像は点と線の情報が数値化された画像で、どれだけ拡大しても画質が落ちないという特徴があります。

続きを読む

WordPressのセットアップ

最近、企業のホームページやアフリエイトサイト、個人のブログなど、多くのウェブサイトにコンテンツ管理システム (CMS)のWordPressが利用されています。とても高機能なのでいろいろなカスタマイズを行い、サイト管理者は自分のウェブサイトを魅力的に仕上げていますが、デザインセンスやWeb管理の知識がなくても個人的な家族の日記やメモなどにも気軽に利用できるがWordPressの魅力です。

WordPressをインストールする上で必要なパッケージは、以下のコマンドでインストールします。

続きを読む

Samba(Windows PCともファイル共有)

UbuntuからWindowsの共有されたフォルダにアクセスするには、ファイルマネージャを起動して、[Ctl+l]を押すとURLを入力するバーが現れるので「smb://WindowsのIPアドレス」と入力すればアクセスできますが、Ubuntuで作成したファイルをWindowsで使用する際に、USBメモリにコピーして受け渡しをしていないでしょうか?UbuntuにSambaでサーバを起動すれば、Windows共有と同じ感覚で自分のホームディレクトリにパスワードを掛けて共有することができます。

続きを読む

Freeplane 自分の頭のアイデアを具現化

イギリスの教育コンサルタント、トニー・ブザンが提唱したマインドマップ。思考の表現方法の1つで、頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想を具現化して、目標達成を実現するための方法として近年の人気が高まってきています。

マインドマップは中央にメインとなる目標設定やテーマを書きます。次にその目標を実現するためにしなければ行けない行動、アイデア、情報、予定などを放射線状に展開していきます。

続きを読む

Bitwarden パスワードはもう覚える必要なし

日々増えていく会員登録したウェブサイトのユーザIDとパスワード。毎回同じものを使いまわしたりしていないでしょうか?同じものを利用していると、1箇所でユーザIDとパスワードが漏洩すると、そのデータを元に他サイトにアタックを仕掛けられてユーザIDを乗っ取られ最悪お金やポイントを送金されて盗まれてしまうリスクがあります。
最近どこのサイトでも、パスワードは数字を含めた8文字以上などの制限を設けているのでセキュリティ強度は高いので不正アクセスの心配は軽減されてきていますが、パスワードを忘れてしまうリスクは日増しに高まっています。

続きを読む

zoom-client オンラインミーティングシステムの定番

コロナ禍において急速にオンラインミーティングが推奨され始めました。数有るオンラインミーティングシステムの中でZoomは35%(2020/05 MM総研)のトップシェアを誇っています。まだLinux上でZoomを使ったことが無い人もいるかと思いますが、いつ客先からZoomで会議がしたいと言われても対応できるように
事前にインストールしておきましょう。

続きを読む

重要ファイルをUSBメモリに自動保存

1日の作業を終えて、作成したドキュメントのバックアップや自宅で作業するためにデータをUSBにコピーしている人もいると思います。しかし毎回コピーコマンドを実行するのは面倒だし、コピーのし忘れも発生するかもしれません。

Linux ではデバイス管理のツールとして udev というデーモンが起動しています。この udev に 特定のメーカーの USB が刺さった時に、このスクリプトを実行するようというルールを設定してあげることにより、USB を指した時にバックアップスクリプトが自動で動くようにできるのです。

続きを読む