1個のNICに2個のIPアドレス nmcli コマンドでエイリアス を設定

NIC が1つしかない PC 上でネットワークの送受信プログラムを試したり、1つのWebサーバやメールサーバで複数のドメインを運用するバーチャルホスト(Virtual Host)などのテストをしたい時、IP アドレスが2つ以上欲しい場合があります。NIC をもう1つ購入して、PCの筐体を開けて新しいNICを刺すのは結構負荷が高い作業です。そんな時に便利なのがIPエイリアス機能です。IPエイリアス機能を使うと1つのNICに複数のIPアドレスを持たせる事が出来るのです。

続きを読む

ターミナルをカスタマイズ 自分好みに使いやすくする

Gnome 端末を起動するとデフォルトの設定で起動されますが、Gnome 端末にはカスタマイズする項目がいろいろあります。

お勧めなのが透過機能です。2つのウィンドウを切り替えて他の画面を確認しながら作業しなければ行けない場合、裏の画面が透けて見えるので切り替え無しで
作業を進めることが出来ます。

続きを読む

【簡単】Nginx の 「413 Request Entity Too Large」 エラーの対処法

WordPress で容量が大きいテーマやプラグイン、画像ファイルをアップロードしようとすると「413 Request Entity Too Large」と表示が出てしまう。これはアップロードしようとするファイルのサイズが設定の上限より大きいためこのようなメッセージが出力されます。修正しなければ行けないポイントはたった3箇所nginx.conf と php.ini の2ファイルです。 

続きを読む

デスクトップに付箋を貼る

ちょっとしたメモを付箋紙に書いてディスプレイに貼って忘れないようにしている人も多いかと思います。パソコンのディスクトップに付箋紙を貼っておけば人に見られたくない時、一時的に非表示にしたり、風で剥がれて取れてしまったりすることを防げます。

続きを読む

find コマンドでファイルを探すテクニック

findはファイルやディレクトリを検索するコマンドです。作成したファイルがどこにあるのか分からない時に使います。

-name オプションで指定したキーワードを元に指定したディレクトリを再帰的に検索してくれます。しかしファイル名が断片的にも全く思い出せない時には探せません。けれども人間はいつ頃(数日前、数カ月前?)そのファイルを作成して、更新したのかは覚えています。-mtime を使えば任意の日数に更新されたファイルを検索してくれます。

続きを読む

端末画面の入力履歴を別の端末と共有する

ターミナルを複数開けてコマンドを実行していると Bash のコマンド履歴はターミナル毎に保存されてログアウト時にコマンド履歴ファイル(~/.bash_history)に書き込むため、最後にログアウトしたターミナルのコマンド履歴だけしかファイルに残らないため、複数のターミナルからログインしているとログアウトのタイミングで履歴が消えてしまう可能性があります。

続きを読む

CentOS8 上でのvim 日本語文字化け解消方法

さくらインターネット の VPS のCentOS8上にvimをインストールして vim(vi) でファイルを開いたら文字化けしていたので対処方法を記述しておきます。

vim でファイルを開いて : を押して以下のコマンドを実行します。

続きを読む

お気に入りのフォントを追加する

Ubuntu のデフォルトフォントは、GoogleとAdobeが共同で開発した無料フォントNotoフォント(Noto Sans CJK JP ゴシック体)が使用されています。
とても見やすいフォントなので変更しなくても良いですが、Liblireoffice で作成したプレゼン資料やポスターなど目を引くフォントを使えば注目度がアップします。

続きを読む

使い道のないファイルの出力をなくす /dev/null の活用テクニック

実行結果が不要な場合は、/dev/null デバイスを使用します。null デバイスはLinuxのスペシャルファイルの1つで、そこに書き込まれたデータを全て捨てくれます。また読み出しの場合はプロセスにデータを返さないでEOFのみを返します。出力結果が多すぎて何も表示したくない時、大量の標準出力の中に埋もれた
エラー出力のみを参照したい時などに >/dev/null をすると有効です。

続きを読む