デスクトップ環境


動画を共有 ReadyMedia

家庭内で動画や音楽を配信して手持ちのスマフォやパソコン、TV、ハードディスクレコーダーで楽しむことができるメディアサーバDLNA(Digital Living Network Alliance)を起動してみませんか?家庭内のネットワークでデータを有することにより、家族みんながどこの部屋でもコンテンツを楽しむことができるようになります。ReadyMedia(旧 miniDLNA)は、DLNA/UPnP クライアントに対応しているので、サーバを起動するだけで再生機器となるスマフォやTV側の設定をすることなく公開されたデータを再生できます。

※ UPnP(Universal Plug and Play)は、機器を接続しただけでコンピュータネットワークに参加することを可能にするプロトコルです。

続きを読む

写真管理サーバ Lychee

デジカメ、スマフォで撮った写真、SDカードやHDDに保存したままで溜まり続けていくファイル。また家族同士で撮った写真をAirDropやLineで共有するのでは、同じファイルのコピーが増え続け、お互いのディスクを無駄に消費しているだけです。クラウドに上げるのも一つの方法ですが、無料の容量範囲の数十ギガだけでは、家族の思い出は収まりきれないし、容量オーバすると課金しなければいけなくなります。家の中に写真管理サーバを立ち上げておけば
、家族みんなで撮った写真をそこにアップロードして共有すれば無駄のディスクを消費せずに、みんなでいつでも過去の写真を振り返って楽しむことができます。

続きを読む

Remote Touchpad スマフォからUbuntuを操作

卓上にあるパソコンのUbuntu上で音楽をかけている時、キッチンやリビングから音量を上げたり、カメラの操作をしたりと、リモートからUbuntuを操作したいと思ってことはありませんか?Remote Touchpadはウェブブラザを使ってUbuntuを操作できるツールなので、スマフォやタブレットはもちろん、他のPCからもUbuntuを操作できます。

続きを読む

フリーの画像編集ソフトの定番 GIMP

商用の有名な画像編集ソフトといえばAdobe社のPhotoshopとIllustratorでしょう。個人であれば月額2480円を払えば、プロが使っているソフトを使うことができますが、たまにしか画像編集しないユーザには敷居が高いです。もしLinuxユーザがWindowsとLinuxで同じ画像編集ソフトを使いたいならマルチプラットフォーム対応のGIMP一択といえます。全ての画像はビットマップ画像とベクトル画像の2つに分けられます。ビットマップ画像とは無数の点の集まりで作られた画像のこと、拡大表示すると画像が無数の点できている事がわかりますが、ベクトル画像は点と線の情報が数値化された画像で、どれだけ拡大しても画質が落ちないという特徴があります。

続きを読む

Freeplane 自分の頭のアイデアを具現化

イギリスの教育コンサルタント、トニー・ブザンが提唱したマインドマップ。思考の表現方法の1つで、頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想を具現化して、目標達成を実現するための方法として近年の人気が高まってきています。

マインドマップは中央にメインとなる目標設定やテーマを書きます。次にその目標を実現するためにしなければ行けない行動、アイデア、情報、予定などを放射線状に展開していきます。

続きを読む

Bitwarden パスワードはもう覚える必要なし

日々増えていく会員登録したウェブサイトのユーザIDとパスワード。毎回同じものを使いまわしたりしていないでしょうか?同じものを利用していると、1箇所でユーザIDとパスワードが漏洩すると、そのデータを元に他サイトにアタックを仕掛けられてユーザIDを乗っ取られ最悪お金やポイントを送金されて盗まれてしまうリスクがあります。
最近どこのサイトでも、パスワードは数字を含めた8文字以上などの制限を設けているのでセキュリティ強度は高いので不正アクセスの心配は軽減されてきていますが、パスワードを忘れてしまうリスクは日増しに高まっています。

続きを読む

zoom-client オンラインミーティングシステムの定番

コロナ禍において急速にオンラインミーティングが推奨され始めました。数有るオンラインミーティングシステムの中でZoomは35%(2020/05 MM総研)のトップシェアを誇っています。まだLinux上でZoomを使ったことが無い人もいるかと思いますが、いつ客先からZoomで会議がしたいと言われても対応できるように
事前にインストールしておきましょう。

続きを読む

AI囲碁でコンピュータと対戦!

ゲームをプレーするなら将棋より囲碁という方もいるでしょう。
Ubuntu で囲碁を楽しむなら簡単にインストール出来る Leela がお勧めです。
Leela は、ベルギー人のプログラマーが Google DeepMind の AlphaGo Zero 論文に触発されて、深層学習の手法にもとづき作成されたコンピュータ囲碁プログラムです。

続きを読む

AI将棋でコンピュータと対戦!

AI プログラムに触れるきっかけとしてゲームは、AIへの敷居を低くしてくれるでしょう。将棋所 は、将棋エンジンを使って対局・棋譜解析・検討などができる将棋ソフトですが、Windows 版しか用意されていませんが、.NET Framework互換の Mono を使用すれば将棋所を動かすことが出来ます。将棋所は、多くの将棋ファンが開発している将棋のエンジンを変更して楽しむことができます。今回は、やねうら王というエンジンを搭載してプレーする方法を紹介したいと思います。

続きを読む