デスクトップ環境


Ubuntu ディスクトップでアラーム、タイマーを使う

GNOME のインジケータの真ん中には、デフォルトで現在の時刻が表示されています。GNOME Clocks を追加でインストールすると、時刻以外にも世界時計、アラーム、ストップウォッチ、タイマーの機能を追加することができます。
外資で働いていて本社の時刻を知りたい人、会議の時間をよく忘れてしまう人、
自席でカップラーメンのタイマーを図りたい人などにお勧めのアプリです。

続きを読む

terminal(端末) のカスタマイズ Xfce Terminal を利用

Ubuntu でも CentOS でも、何気なくみんなが普段使っている端末は GNOME 標準の GNOME 端末というターミナルです。しかし、ディストリビューションでは多くの端末が用意されています。その中でお勧めしたいのが Xfce Terminal です。GNOME 端末でもフォントの大きさ、色、背景色のなどいろいろなカスタマイズができますが、カスタマイズの柔軟さでいうと Xfce Terminal の方が上です。

続きを読む

Linux のターミナル上でゲーム スペースインベーダーをする

後に数多く登場したシューティングゲームの元祖と言われるスペースインベーダー(宇宙侵略者)もコンソールで遊べます。発売当時時はゲームセンターなど無く、喫茶店やスナックのテーブとして設置されていました。流行により「インベーダーハウス」と呼ばれる施設が全国各地に発生し、それがゲームセンターとなっていきました。今ではゲームは家庭用ゲーム機かスマフォで多くプレイされ、ゲームセンターはUFOキャッチャーセンターと化していますね。ゲームセンターは、今も昔も宇宙を相手に奮闘する場所になっているようです。(笑)

続きを読む

Linux のターミナル上でゲーム パックマン

40歳以上には懐かしいゲームセンターで遊んだパックマンもコンソールのみでプレイできます。当時のアーケード版テーブル筐体の定価は64万円したそうです。
駄菓子屋の店頭に設置された筐体の横で、当時小遣いが無く友人のプレイを見守っていいた自分に思い切り遊ばせてあげたい。(笑)

続きを読む

Linux のターミナル上でゲーム テトリスをする

子供の頃より何度ゲーム機を購入したか分かりませんが、ゲーム機を買い替えても、もっとも有名な落ち物パズルゲーム、テトリスはどのゲーム機でも遊びました。しかも GUI アプリではなくターミナル上で実行できるので、リモートログイン元のクライアントからもゲームが楽しめます。インストールと起動は以下のコマンドで行います。

続きを読む

Linuxで音声形式を変換 SoundConverter

SoundConverter は、GNOME の 音声ファイル変換アプリです。
動画、音声ファイルを編集するコマンドとして FFmpeg が有名ですが、
これは1ファイル毎にコマンドを実行しなければいけません。
SoundConverter は、変換時に複数のファイルを選択でき、さらに CPU のリソースの分、パラレルで音声ファイルの変換を行ってくれるので、一括で音声の形式を変えたい時に便利です。

続きを読む

動画からアニメーションGIFを生成

動画や画像の編集は、スマフォのアプリや動画、画像編集ソフトを使って行っている方は多いと思います。Linux でも動画、画像編集アプリは数多く用意されています。しかしLinux上で動くほぼ全てのアプリは、動画は FFmpeg、画像は、ImageMagick というライブラリが使用されています。これらはコマンドでも利用出来るので、今回は、コマンドだけで動画の1シーンを jpeg ファイルとして抜き出して、それを連結して gif ファイルを作成するという方法を紹介します。

続きを読む

画像ファイルの撮影時刻、GPS などの情報を手動で書き換える方法

スマフォで写真撮影を行うと、JPEG ファイルとして保存されます。JPEG ファイルには、Exif(Exchangeable image file format)[エグジフ or イグジフ] メタデータが含まれており、撮影日時、GPS情報、スマフォ名、シャッター速度、フラッシュのON,OFF などの撮影時の情報が全て含まれています。


撮影日時は、写真プリントの日付の刻印に利用され、GPS情報は撮影場所の特定などにとても便利です。

続きを読む

ディスクトップに雪を降らせる Xsnow

Linux, Unix のオールドユーザならお馴染みの Xsnow が帰ってきました。 Xsnowは、もともと1984年にMacintoshのバーチャルグリーティングカードとして作成されたアプリケーションでしたが、1993年に、X Window System に移植され、1990年代後半には多くのLinuxディストリビューションによって配布されていました。
しかし飽きられたのか誰もメンテナンスする人がいなく放置されていましたが、有志によってGnome, KDE, FVWM など、様々なディスクトップ環境で
動作する Xsnow がリリースされました。

続きを読む

テキストファイルを自動読み上げて音声ファイル作成

テキストデータを読み上げてくれるサービスが最近増えてきましたが、
しかし音声データを利用したいと思うと有償サービスである場合が多いです。
Ubuntu では、コマンドラインよりテキストファイルを読み上げて、音声データに保存してくれるツールが提供されています。
Open JTalk は、名古屋工業大学の研究チームが作った、商用利用可能な
Linux用の日本語音声合成エンジンです。

続きを読む