Ubuntu 20.04 のディスクトップカスタマイズ

LINEで送る
Pocket

ディスクトップのカスタマイズをしようと思った時、どうせカスタマイズするならカッコよくしたい。
どんなデザインにしよう〜。そうだ!私は ChromeOS に憧れていた。
起動が早いスタイリッシュなChromeOSのラップトップをずっと使ってみたかった。しかしUbuntuをインストールしたラップトップをメインに使用している私にもう一台買う余裕は無い。GNOME-LOOK.ORG を眺めていたらChromeOS風のデザインがあるじゃないか。よし ChromeOS風を味わってみよう。(笑)

本項は、こちらのテーマを使い Android と容易に連携可能なディスクトップにカスタマイズしていこうと思います。
ChromeOS GTK Theme
https://www.gnome-look.org/p/1335019/

まず初めに、GNOMEをカスタマイズするツール GNOME Tweak Tool と Android のディスクを参照する為のツールとして sshfs をインストールしておきます。

$ sudo apt install gnome-tweak-tool sshfs

なお次項で Android と連携する為の GSConnect をインストールしますが、同等の機能を要する KDE Connect をインストールして使っている場合、事前に削除しておきます。

$ sudo apt remove -y kdeconnect

次に、GNOME Shellの拡張機能をインストールします。
GNOME Shellの拡張機能とは、https://extensions.gnome.org/ にアクセスして
ブラウザ上でON,OFFの操作をするだけで必要に応じた拡張機能がインストールされて利用できるようになります。しかしこの機能は、Firefox 経由では利用できないので Chrome か Chromium より行って下さい。
今回利用したのは、以下の3つです。


それぞれのサイトにアクセスして ON ボタンをクリック。拡張機能のインストールが促されるので「インストール」ボタンをクリックするだけです。


GNOME Shell の拡張機能をインストールするには、まずChrome の拡張機能「GNOME Shell integration ブラウザ拡張機能」をまずインストールする必要がありますが、GNOME Shell 拡張機能のページにアクセスするとインストールを促されるのでそのままインストールします。

GNOME Shell 拡張機能 : User Themes
https://extensions.gnome.org/extension/19/user-themes/
ホームディレクトリにあるテーマをロードする拡張機能

GNOME Shell 拡張機能:Dash to Dock
https://extensions.gnome.org/extension/307/dash-to-dock/
Dash メニューをカスタマイズする拡張機能

GNOME Shell 拡張異能:GSConnect
https://extensions.gnome.org/extension/1319/gsconnect/
Android と連携するための拡張異能。

これらの拡張機能はインストール後、すぐに使用可能になりますが、
Ubuntu 20.04 では Dash to Dock が一度ログインし直さないと機能しないので、
拡張機能インストール後は再ログインしてください。

次にテーマのインストールです。https://www.gnome-look.org/p/1335019/ の右上の[Download]よりChromeOS.tar.xzをダウンロードします。ダウンロードメニューには、その他、dark,light などありますが、設定手順は同じなので好みのデザインをダウンロードして下さい。

テーマとアイコン用のディレクトリを作成して、ダウンロードしたファイルをコピーします。
今回は、テーマもアイコンも同じものを使うので同じものを ~/.themes/ ~/.icons/ にコピーします。

$ mkdir  ~/.themes/
$ mkdir  ~/.icons/
$ tar xvfJ ChromeOS.tar.xz
$ cp -r ChromeOS ~/.themes/
$ mv ChromeOS ~/.icons/

その他に無料の壁紙サイトより Chrome デザインの壁紙を探してきて ~/ピクチャ/ に保存しておきます。

$ mv wallpaperbetter.jpg ~/ピクチャ/

本項では、https://www.wallpaperbetter.com/ja/hd-wallpaper-cthmr を利用しました。

事前のデータダウンロードは完了したので Dash メニューより[tweaks]と入力して GNOME Tweak Tool を起動します。「外観」メニューより「アプリケーション」、「アイコン」、「GNOME shell」項目を ChromeOS にして、背景とロック画面の「画像」を先程 ~/ピクチャ/ に保存した壁紙に変更します。
「機能拡張」メニューより先程インストールした機能拡張の設定が出来るので、「Dash to Dock」の設定を開き「位置とサイズ」よりDockの位置を下に、ドックサイズの上限を「パネルモード」に変更します。

最後に Android と連携する為に、 Android 端末に Google Play ストアより 「KDE Connect」をインストールします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.kde.kdeconnect_tp

起動すると、GSConnect をインストールしたPCが「利用可能なデバイス」として表示されるのでクリックすると

PCにアクセス認証のメッセージが表示されるので「Accept」します。

接続すると「SFTP ストレージの場所が設定されていません」と表示されますが、KDE Connect の右上の「プラグイン設定」より「ファイルシステムの参照」より参照先のディレクトリを指定する事によりPCからAndroid のディレクトリにアクセス出来るようになります。

Android との連携は画面右上のメニューより行います。Android の端末毎に、機能制限がある場合がありますが、ファイル、キー入力の送受信、カメラ操作など連携が行えるのでためしてみて下さい。

※ KDE Connect に「利用可能なデバイス」にPCが表示されない場合は、KDE Connect の右上のメニューより「更新」をタップするか、ディスクトップのGSConnect の Mobile Settings を起動してみて下さい。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください