Ubuntu 上で Flatpakをインストール/アンインストールする(18.04, 20.04 対応)

LINEで送る
Pocket

Ubuntu では、apt コマンドを使ってdebパッケージをインストールしますが、deb パッケージの他に Flatpak という形式のパッケージをインストールすることができます。今回は Flatpak の使用方法を解説したいと思います。Ubuntu 18.04, 20.04 対応

Flatpak とは

Flatpakとは、Linuxデスクトップ向けのソフトウェアデプロイメント・パッケージ管理・アプリケーション仮想化を行うソフトウェアのことをいいます。

deb や rpm パッケージは、システムのライブラリを使用して動作しますが、
Flatpak はシステムとは分離されたアプリとライブラリを含んだサンドボックスの中で動作するので、アプリアップデート時に、システムのライブラリも同時にバージョンアップしないけないという自体を防ぐ事が出来るので、システムのライブラリが古くても、アプリ自体をどんどんアップデートできる仕組みなのです。

Flatpak の環境設定

flatpak パッケージをインストールします。

$ sudo apt install flatpak

Ubuntu 16.04 以前の環境の場合

$ sudo add-apt-repository ppa:alexlarsson/flatpak
$ sudo apt update
$ sudo apt install flatpak

 Software Flatpak プラグインのインストール

$ sudo apt install gnome-software-plugin-flatpak

Flathub レポジトリの追加

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

システムの再起動

Flatpak パッケージのインストール

以下のURLにアクセスして好きなパッケージを選択 install ボタンをクリックするだけです。

https://flathub.org/home

コマンドラインでインストールしたい場合は、firefox の場合、ページ下の方に出ているコマンドをコピー&ペーストするだけです。

https://flathub.org/apps/details/org.mozilla.firefox

$ flatpak install flathub org.mozilla.firefox

Flatpak パッケージのアンインストール

$ flatpak uninstall org.mozilla.firefox

Flatpak パッケージのリストを表示

$ flatpak list

Flatpak パッケージのアップデート

$ sudo $ flatpak update
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください