論理ボリュームマネージャ LVM(Logical Volume Manager)のディスク増設

LINEで送る
Pocket

LVMとは

論理ボリュームマネージャ LVM(Logical Volume Manager)とは、複数のディスク(物理ボリューム)を一つのグループにまとめ、1つのディスク(論理ボリューム)としてあつかう事ができる技術です。

最近のディストリビュータが提供しているインストーラでは、手動でパーティション設定を行わない限り、自動でLVM設定がなされるようになりました。 LVM設定がなされていないとディスク容量が一杯になった場合、現在のディスク容量より大きなディスクを用意して、全コピーしなければいけませんし、一杯になった元のディスクは不要になってしまいます。LVM であれば、現在のディスクをそのままに、少ない容量のディスクでも追加してディスク容量を増やしていけるので便利です。

今回は、インストール時に / パーティションを LVM 設定でインストールした環境でディスクが一杯になり、新しいディスクを接続してディスク容量を増やす手順を紹介します。

論理ボリュームマネージャ(ろんりボリュームマネージャ、logical volume
manager、LVM)は、「物理ボリューム」を提供するハードディスクなどのストレージメディア・デバイス(補助記憶装置)に、直接ファイルシステムをマップするのではなく、粗粒度(典型的には、メビバイト単位程度)のブロックにより一旦「論理ボリューム」と呼ばれる仮想化されたボリュームに束ねて利用するためのシステムである。

論理ボリュームマネージャ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3

現在のLVMの確認

現在のLVM設定がなされているかは、以下のコマンドで確認します。

$ df
Filesystem                  1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
udev                          1005068       0   1005068   0% /dev
tmpfs                          204848    3304    201544   2% /run
/dev/mapper/ubuntu--vg-root  17951152 1337096  15679144   8% /           <- Filesystem が /dev/mapper/ で始まっていれば、LVM 設定がなされています。
tmpfs                         1024232       0   1024232   0% /dev/shm       /dev/sdxx などとなっている場合は、LVM設定がなされていない為、LVM による増設は出来ません。
tmpfs                            5120       0      5120   0% /run/lock
tmpfs                         1024232       0   1024232   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                      482922   56283    401705  13% /boot
tmpfs                          204848       0    204848   0% /run/user/1000

==================================================

増設ディスクの確認

新しく増設したディスクのデバイス名を確認します。
モデル名(型番)は、ディスクに記載されているので、増設前に確認しておきます。
$ sudo parted -l
モデル: ATA ST2000LM003 HN-M (scsi)
ディスク /dev/sdb: 2000GB                  <-- /dev/sdb
            :

論理ボリュームの作成

/dev/sdb に論理ボリュームを作成します。
$ sudo pvcreate /dev/sdb                           <- parted コマンドで確認したデバイス名
  Physical volume "/dev/sdb" successfully created

現在の論理ボリュームグループ名の確認

現在の論理ボリュームグループ名を確認します。

$ sudo vgdisplay
  --- Volume group ---
  VG Name               ubuntu-vg                   <- ボリュームグループ名は、ubuntu-vg
               :
  VG Size               19.52 GiB
               :

論理ボリュームグループに追加

/dev/sdb を ubuntu-vg 論理ボリュームグループに入れます。

$ sudo vgextend ubuntu-vg /dev/sdb
  Volume group "ubuntu-vg" successfully extended
論理ボリュームが拡張されました。
$ sudo vgdisplay
               :
  VG Size               29.52 GiB
               :

増設した論理ボリュームを全て(100%)割り当てます。
$ sudo lvextend  -l +100%FREE /dev/mapper/ubuntu--vg-root
  Size of logical volume ubuntu-vg/root changed from 17.52 GiB (4485 extents) to 27.52 GiB (7044 extents).
  Logical volume root successfully resized.

ファイルシステムのサイズ変更

ファイルシステムのサイズを変更します。

$ sudo resize2fs /dev/mapper/ubuntu--vg-root
resize2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Filesystem at /dev/mapper/ubuntu--vg-root is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 2, new_desc_blocks = 2
The filesystem on /dev/mapper/ubuntu--vg-root is now 7213056 (4k) blocks long.
$ df
Filesystem                  1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
                       :
/dev/mapper/ubuntu--vg-root  28269296 1337232  25582320   5% /               <- ディスクの使用容量(Available)が増えました。
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾン

LINEで送る
Pocket

記事が面白かった。為になったと思ったら。下記リンクより商品を購入頂くと筆者は喜び記事を更新致します。


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください